Just another WordPress site
Show MenuHide Menu

10月に施行されたマイナンバー制度

2016年12月29日

今年の10月にマイナンバー制度の施行を開始したが、国民の意見を参考にしながらしっかりと国会で論議をされていない状態である事を感じました。番号の漏洩や副業に関する影響などの国民に対する様々な課題を残しながら、国民に番号が割り振られる事になりました。

税金などの支払いに関する強化をしたり、社会保障などの公的なサービスに関して、享受できていない世帯などを中心に福祉としてのサービスの充実さを謳っています。享受できる具体的な福祉のサービスなどに関して、しっかりと国民に納得できるように説明をしていない状態で、マイナンバー制度が施行する流れになっています。

民間企業などに対する対応も不十分なまま法律が施行されて、多くの企業は制度の内容に関して十分理解できていない所が多いです。

一部の人からは引越しなどの行動の際に、マイナンバーのカードだけで住民票などの手続きが出来る事で、書類の手続きに関して簡素化される事に便利さを感じている場合もあります。今までは住所の変更などを申請する時に書類を介して手続きを行っていたが、個人に与えられたマイナンバーのカードの1枚で便利になる事に関しては賛成です。情報の漏洩に関しては、セキュリティのシステムの更なる強化が今後の課題です。お金を借りる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です